東海大相模高校と原辰徳の関係。嫁と息子は幸せ!

スポンサードリンク

東海大相模高校と原辰徳の関係。嫁と息子は幸せ!神奈川代表の東海大相模が優勝を果たし幕を閉じた100回記念の夏の甲子園大会ですが、
気になるのは大会直後のドラフト会議

東海大相模高校のドラフト注目選手は、2枚看板エースで奮闘した小笠原投手と吉田凌投手です。
特に吉田凌選手はプロ志願の提出が温厚なので、これから多くの球団で吉田投手の争奪戦が沸き起こることでしょう!

原辰徳東海大相模父

東海大相模高校といえば、現在巨人の監督を務める原辰徳さんの母校でもあります。
原辰徳さんは高校だけでなく、大学も東海大学で、その関係は深いものとされてます。

かつての親戚であった菅野投手(巨人)も東海だ相模高校出身で、
その後に東海大学を経由して、1年浪人してまで巨人に入団しました。

また、巨人には菅野投手のほかにも、
次期主砲候補の大田選手など、
東海大相模高校出身の選手がいます。

過去から現在まで、原辰徳さんと東海大相模の間には、
良い関係が築かれているように感じます。

原辰徳の父・原貢さんは東海大相模・東海大学にて名監督であった

原辰徳さんが東海大相模、東海大学出身なのは周囲の承知ですが、
父の原貢さんが、監督を務めていたことはあまり知られてないですね。

原貢さん自身は東海大相模の出身ではありません
初めて高校野球の監督に就任したときは、福岡の無名校の監督を務めてました。

その無名校だった三池工業高校を初の甲子園に導き、
さらには甲子園優勝の偉業を成し遂げたのです。

その後に東海大学の創始者である松前さんの招きで、
原貢さんは東海大相模の監督に就任するのです。

原貢さんが監督に就任した直後の東海大相模高校は、
神奈川では不動の名門として、大きく飛躍。

原辰徳息子画像

息子の原辰徳さんと共に東海大相模を全国の名門にのし上げ
高校野球界の勢力図を変える勢いを見せました。
当時、横浜高校の監督であった渡辺元智さんは、原貢さんを尊敬し成長したとされてます。

原貢さんは東海大相模に続いて東海大学でも監督に就任し、
幾度も都市大学リーグの頂点に立ち、大会7連覇の偉業を成り遂げてます。
大学でも息子の原辰徳さんと共に、大学野球の歴史に名を刻んだのです。

ここまで見れば、
原辰徳さんと父・原貢さんが、
東海大と深い関係にあると分かります。

スポンサードリンク



原辰徳の息子と嫁さんは?

父や親戚の話題は世間に出ていても、
原辰徳さん自身の嫁さんと息子さんの話題は少ないです。

原辰徳さんは1986年のシーズン中5月8日に、
6歳年上の姉さん女房をもらいました。

嫁さんと原辰徳さんは大学時代に知り合った事柄らしく、
当時からとても美人で、原辰徳さんは一目惚れだったようです。

原辰徳嫁画像

嫁さんは、巨人の4番でプレッシャーの掛かる原さんを、
親身に支え続けたそうです。

結果、原辰徳さんは現役でスランプに陥ったときも、
嫁さんの支えをきっかけに、何度も救われたようです。

やはり、プロ野球選手の主力選手は精神的にキツイ生活になりますので、
年上の落ち着ける女性になんとか支えられるケースが多いです。

無事生まれた息子さんは、かなり元気な方のようで、
かつてはネットのいろんなところで話題になりました。

父の原辰徳さんと嫁さんのルックスを継ぐイケメンのようで、
頭も良く、しっかりとした若者のようです。

ネットで出回ってる写真は息子さん本人かわかりませんが、
結構、楽しそうな方な印象がありました。

楽しそうな家族って良いですね!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です