森友哉の身長とフォームを分析

スポンサードリンク

森友哉の身長とフォームを分析大阪桐蔭から西武ライオンズに進んだプロ2年目の森友哉選手。
森友哉選手は、今年の現段階で、すでに昨年のホームランの数を超えてしまっています。

森友哉フォーム

まだ十代の選手なのにもかかわらず、
すでに西武の中心を担う存在。
課題の守備さえ鍛えられれば、すぐに正捕手になることでしょう。

森友哉選手のすごいところは、
身長の低さをコンプレックスに感じさせない、
完成されたバッティングフォーム。

身長がおよそ170センチしかないと言われている森友哉選手ですが、
高校生時代から、プロに上がって、キレのある140キロ越えのストレートを、
負けじとスタンドに運んできました。

スポンサードリンク



森友哉選手の身長の低さをカバーするほどのファーム

森友哉身長

森友哉選手は打席に立つと、
なんとも言えない威圧感があります。

それは下半身の強さ、大きさがしっかりしているおかげで、
森友哉選手のバッティングフォームも軸の強さが生かされています。

フォームの特徴としては、
重心を低く構え、体全体を使ってスイング。

そのスイングのスピードは、
すでにプロ屈指。

大阪桐蔭の先輩である中田翔に、
間違いなく将来日本を代表する打者になると、
太鼓判を押されているのです。

しかし、「コンバートするべきでは?」との声が多いです。
森友哉選手にコンバートを催促する理由は、
やはり、試合への出場機会を増やしたいということでしょう。

まだまだ若い選手に、チームの正捕手を任せるのには勇気がいる、
そして、育てるのに時間がかかる、さらに、捕手は打撃に集中できないとも言われているせいです。

森友哉選手本人は捕手にこだわっているはずなので、
すぐにコンバートが試されることはないでしょう。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です