高橋尚成は嫁と子供に弱い?年棒6000万に相応しい存在!

スポンサードリンク

高橋尚成は嫁と子供に弱い?年棒6000万に相応しい存在!巨人を経てメジャーに挑戦し、横浜にて日本球界復帰を果たしていた高橋尚成投手。
高橋尚成投手は、今年の4月2日で40歳を迎え、横浜の若手をお手本となるベテランとして、重要な存在となっている。

高橋尚成嫁

高橋尚成選手は巨人時代は優勝祝勝会で、
大胆な行動に出て話題になり、
投手としては巨人のローテを支え、
3度の2桁勝利をおさめ、
メジャーでは先発・中継ぎ・抑えを柔軟にこなし、

人としてのユニークさから、
選手としての経験値の高さが、
横浜のベテラン選手の中でも圧倒的だと言える。

スポンサードリンク



ここ最近の横浜は選手とファンの近さが評判で、
ファンの気持ちを考慮した運営に励んでおり、
「ハマっ子」と言われる女性ファンを出現させるほど、
チームとしての色を変えてきている。

さらに、今季は首位に立ったり、
筒香選手などの若手の成長もあり、
チームとしても力を蓄えている。

そんな、現在の横浜に、
高橋尚成選手の存在は、
多いに好影響を与えており、

パフォーマンスでもプレーでも、
彼から盗むべき材料はたくさんあり、
年棒6000万の高さにも納得の、
生きる教科書となっている。

そんな高橋尚成選手だが、
2001年に幼稚園の教論と結婚しており、
その嫁さんと、その間に生まれた子供が、
現在の横浜の高橋尚成選手を作ったといって良いでしょう。

記憶に新しい祝勝会の行動の後も、
嫁さんに叱られ、

カブスで不本意な成績で終わった後は、引退をも考えたが、
嫁さんに、
「パパ、もう少しやれば、子供たちにも印象に残ると思うから。もう一回、日本でやってみたらどうなの?」
と言われ、引退した気持ちを改め、日本球界への復帰を決めたそうです。

元教論とだけあって、理性的で、
素敵な嫁さんであることでしょう。

子供たちに自分の野球をしている姿を見せたいと、
選んだチームが横浜ですから、

引退までの、最後のひと絞りに、
素晴らしい活躍を魅せて欲しいですね!

チームの同じ左の田中健二朗選手は、
尚成投手とキャッチボールをするだけ、
多くのことを学べると、リスペクトしてますね。

成績以上に、横浜の将来にとって、
大切な存在であることでしょう!

今年で2年契約は終わりますが、
仮に今年2015年で引退するとしたら、
ぜひ、クライマックスシリーズでマウンドに立つ姿を、
可愛い子供たちと、支えてくれた嫁さんに魅せて欲しいです!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です