後藤武敏のゴメスの由来。嫁にガムの食べ過ぎで怒られる?

スポンサードリンク

後藤武敏のゴメスの由来。嫁にガムの食べ過ぎで怒られる?横浜高校から西武に渡り、現在は横浜の代打の切り札として活躍している後藤武敏さん。
後藤武敏さんは2015年シーズンから登録名を「ゴメス」に改めた。

後藤武敏嫁

ゴメスと書かれリニューアルされた後藤武敏さんのユニフォームは人気で、現在、横浜スタジアムの売店でも売れ筋だという。

ただ、なぜ日本人選手なのに「ゴメス」なのか?
そもそも西武時代からの後藤武敏さんのニックネームが由来となっているみたいだが、
そのニックーネームの由来を調べてみたら面白い。

スポンサードリンク



ゴメスの由来は、かつて後藤武敏さんが、
先輩との食事に遅刻した際に、
「ごめんっす」と謝ったところ、
先輩に「ゴメス」と聞き間違えられ、
「先輩に向かって、ゴメスはないだろ。でも、ゴメスっていいな」
というところから、「ゴメス」のあだ名がついたと言われています。

そのゴメスというあだ名は西武から横浜に移籍したあとも継続されて呼ばれ、
一部の古いファンにもお馴染み愛称をして認知されてきたみたいです。

今回、登録名を「ゴメス」にしたことで、
今年の後藤武敏さんの打撃も、
外国人ばりの数字に伸びたりしないですかね?

ちょっと、ありえないですけど、
まさかの数字を期待しちゃってます!笑

そんな後藤武敏さんは、昔からガムが好きなことで有名です。
後藤武敏さんのガムにまつわるエピソードも面白いです。

これはあくまで噂かもしれない話ですが、
ネット上で拾った話をいくつか挙げてみます。

「ロッテの職員いわく、球界ではヤンキースのロドリゲスに続いてガムを消化するのが後藤武敏さん」

「ガムの食べ過ぎで、家のご飯を残し、嫁さんに怒られた。」

「西武時代、相手チームのロッテのベンチ裏まで行って、ガムをねだった」

などなどがあります。。笑

日本球界でガムをよく噛む選手といえば、後藤武敏さんの他に、
現在ソフトバンクにいる内川選手がいますね。

一部の野球ファンは、そのガムを噛む行為をいやらしく考えているみたいですか、
後藤武敏さんに限っては、可愛いキャラだと認知されてます。

ただ、嫁さんの美味しいご飯をお腹いっぱいに食べるためにも、
ガムはもう少し遠慮したほうがいいかもしれませんね!笑

今年は、ゴメスと改めたので、
このガムキャラはマッチしていて面白いですね。

なんか、本当にホームランの数がふえそうな予感・・・・笑


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です