楽天の下妻貴寛は中学で知り合った会田と共に酒田南高校に!2軍と1軍の成績。

スポンサードリンク

楽天の下妻貴寛は中学で知り合った会田と共に酒田南高校に!2軍と1軍の成績。現在、楽天イーグルスにてプロ3年目を迎える下妻貴寛選手。
下妻貴寛選手は山形の酒田南高校出身で、当時からプロから注目されていた逸材でした。

楽天下妻貴寛

下妻貴寛さんは2013年にドラフト4位で楽天に入団。
背番号は39番と、高卒のドラフト下位にしては、期待の込められた待遇のように感じます。

下妻貴寛さんは中学時代からキャッチャーを守り、
県の選抜では、のちに酒田南高校で一緒になる会田選手と共にバッテリーを組んでたみたいです。

他県の強豪からの誘いがあった中でも、
下妻貴寛選手は選抜で会った会田選手とともに、
地元から甲子園に行きたいと、
一緒に山形県の強豪「酒田南高校」に進学したそうです。

中学の頃から、地元愛を込めて、
進学の決断ができるなんてすごいですね!

酒田南高校では下妻貴寛さんは1年の春からレギュラー捕手として活躍。
3年の夏には4番捕手として甲子園出場を果たしますが、
初戦にて明徳に敗れてしまったそうです。

スポンサードリンク



下妻貴寛は中学・高校から体格(身長)と強肩が注目されていた

下妻貴寛さんの現在の身長は186センチ。
これはプロ野球選手の中でも長身の部類に入ります。

1年から強豪でレギュラーを張っていただけあって、
その身体的ポテンシェルは未知数です。

下妻貴寛高校中学

さらに肩は遠投110メートルを記録するなど、
プロ選手の平均を超えた強肩を備えます。

下妻貴寛さんは、ただ肩が強いだけでなく、
送球の制度に優れ、プロ入り後も盗塁を刺す場面が目立ちました。

強肩の威力は先日のホークス戦でも発揮し、
俊足の本多・柳田の盗塁を連続で刺すプレイを披露し、
その捕手としての魅力をファンにアピールしました。

しかし、そんな下妻貴寛さんの課題は打撃です。
酒田南高校時代は4番を任され、並以上の成績を残していましたが、
プロに入ると、2軍でも数字的に振るわない成績を残していました。

相手の弱点を徹底的に攻める強気のリードも評価が高いので、
この先、下妻貴寛さんが1軍に固定されるのは、
打撃面での成長が必要とされています。

それでも、現在の楽天では、
守備要員で下妻貴寛さんの力が必要だと思いますが・・・。

今期は、このまま1軍で長くプレーし、
どんどんファンに認知されていってほしいですね!

下妻貴寛さんは巨人の阿部捕手のように、
打って守れるキャッチャーに憧れているみたいなので、
将来的には、楽天でクリーナップも打てるキャッチャーになってほしいです!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です