杉内俊哉の2015年はやはりチェンジアップがキーポイント!?

スポンサードリンク

杉内俊哉の2015年はやはりチェンジアップがキーポイント!?ここ最近の杉内俊哉さんといえば、
浮気疑惑や離婚疑惑など、
プライベートでは暗い話題が多いですが、
プロの野球選手としては申し分ない活躍を続けています。

杉内俊哉 チェンジアップ

特に今年2015年は、
同じ松坂世代が後退していく中で、
杉内俊哉だけが活躍を期待され続けています。

昨年は2000奪三振を達成し、
移籍後は3年続けて2桁勝利を達成しており、
年齢の老いに負けない体のメンテナンスが徹底されていることが証明されています。

杉内俊哉投手は加圧トレーニングを早くから取り入れており、
ストイックに自分の体を自己管理してきました。

スポンサードリンク



さらに、得意球のチェンジアップは、
年々使い方のバリエーションが増えてきており、
ベテランの域に達した現在でも、
球界屈指のチェンジアップ使いと知られています。

杉内俊哉選手のチェンジアップの握り方には特徴があり、
中指を浮かせて、4本指で握って投げます。

杉内俊哉投手は、直球が140キロを優に超えており、
チェンジアップは120キロそこそこで、
同じ腕の振りで、打者を惑わせます。

杉内俊哉投手は、チェンジアップを投げる際、
ど真ん中に入れるイメージで、
高めに入ることを怖がらずに、
度胸よく投げます。

その杉内俊哉さんの内面から出る度胸の良さが、
ストレートと同じ心意気ということで、
直感で投手の球種がわかるような打者をお手に取れてしまいます。

もともと、杉内俊哉さんのフォームは、
気だるい感じで緩く、
最後の腕を振る瞬間まで力が入りません。

杉内俊哉さんは、球だけでなく、
態度や仕草や心構えにさえ緩急があるので、
打者からしたら、何を考えているのかわからない、
読みようのない、いやらしい投手に見えることでしょう。

毎年、チェンジアップの組み立てが工夫されていくので、
今年2015年の杉内俊哉さんのチェンジアップの使い方には、
さらに注目していきたいですね!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です