木村優太が裏金や横浜入団拒否を乗り越えての栄光!

スポンサードリンク

木村優太が裏金や横浜入団拒否を乗り越えての栄光!先日オリックス戦にてプロ初勝利を挙げた、
千葉ロッテの木村優太投手。
彼は、プロに入団して7年目にして始めての勝利を挙げた。

木村優太裏金

木村優太さんの野球人生は波乱の連続!

社会人リーグでの挫折や、
横浜への入団拒否

さらには、裏金問題で、社会人リーグを、
約1年の謹慎処分。

2008年には、
念願のロッテにドラフト1位で入団するが、
なかなか1軍に昇格することが難しく、
1軍に上がったとしても、成果を残せずにいた。

ネット上のロッテファンの、
毎年の戦力外候補に、
毎回、木村優太さんの名前が挙がっていた。

ファンの予言通り、
本当に今年活躍できなければ、
木村優太さんは戦力外になっていたことだろう・・・。

スポンサードリンク



木村優太さんは今年で29歳。
さらにプロ7年目の選手であり、
まさに崖っぷちの野球人生であった。

今季は、ロッテのローテーションを守ってきた、
唐川選手や藤岡選手が2軍に降格されたこともあった、
開幕早々に、木村優太投手には登板のチャンスが回ってきた。

そして、昨日のオリックス戦では、
念願の先発のマウンドを任され、
5回1失点の好投で、プロ初勝利

プロ7年目にして、
初めての白星を残した。

勝利後のインタビューでは、

「長かった。
やっと勝てたな”という気持ち。
良いこともあれば、悪いこともある。

勝ってしまえば、
今までのことはもう忘れてもいいかな」

と、今後の野球人生に向けて、
前向きなコメントを残し、

ずっと支えてくれた伊藤監督の横で、
誇らしげな笑みを浮かべ、
感謝の気持ちを噛み締めた。

自分は、こういう苦労して1軍から這い上がってきたような選手は好きなので、
これからも、負けずに、ロッテのローテを守り、
唐川投手や藤岡投手が1軍に復帰しても、
チームにとって、必要な先発投手であり続けてほしいです。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です