岡大海は大学時代の乱闘で素行が疑問視されるが実は天然さん!応援歌のファンファーレは「エースをねらえ!」

スポンサードリンク

岡大海は大学時代の乱闘で素行が疑問視されるが実は天然さん!応援歌のファンファーレは「エースをねらえ!」かつて明治大学時代は「大学No. 1野手」と話題になった岡大海選手。
岡大海選手は2013年にドラフト3位で日本ハムに入団しました。

岡大海素行

高校は岡大海さんの地元岡山県の倉敷商高で、
投打ともにチームをひっぱり、高校を甲子園に導きました。

自分の岡大海さんの高校時代の印象は、
常葉菊川と倉敷商の対戦で、
相手(常葉)のセカンド町田選手の好守備に苦戦している姿です。

それでも岡大海さんは打球が早く、
常葉の投手陣を苦しめていました。
当時ながら「この岡くんって選手だけ、他の選手と全然と違う!」と注目していたのです。

岡大海選手は高校時代からプロに注目されていましたが、
直でプロには行かず、野球の名門明治大学に進学してました。

その明治大学での活躍には、正直驚きでした・・・、
投げては150キロを超え、打ってもすごい。

スポンサードリンク



岡大海の大学時代の乱闘は有名だが、素行は?

岡大海さんは大学時代に、
アメリカの大学選抜との対戦に、
日本のの大学の選抜として選ばれ出場しました。

そこで、岡大海さんは、
相手投手に続けて危険な球を投げられ、
体の部分に当てられたときには、(デッドボール)
ヘルメットを地面に叩きつけ、
両軍が集まる乱闘のような騒ぎになってしまったのです。

岡大海乱闘

岡大海さんの行為に相手選手は触発され、
試合の合間で、かなりやりあってるイメージでした。

大学では、なかなか乱闘というのは見れないので、
当時は動画サイトで、
その岡大海選手のシーンがたくさん視聴されました。

それだけ気持ちの入る選手ということで、
個人的には、「岡くんすごい!」と感動したのを覚えてます。

しかも、実際は乱闘というほど乱闘でもなく、
岡大海さんよりも、相手がずっと引っ張ってる感じでした。

きっと、野球には熱くても、
冷静な判断のできる選手だったのでしょう。

しかし、その乱闘っぽい騒ぎがあってからか、
岡大海さんの素行に疑問視する人が多くいたのです。

実際に岡大海さんの素行はそこまで悪くなく、
プロに入ってからは「天然キャラ」として可愛がられてます。

その天然ぶりから「糸井2世」とも呼ばれ、
将来が期待されています。

昨日の試合では大谷翔平と岸投手の、
長くも緊張感あふれる投手戦にて、
決勝点となるスクイズを成功させました。

あのような場面で、スクイズを成功させる根性も、
岡大海さんの気持ちの強さや、天然な性格が功を奏したのかもしれません。

これからが本当に楽しみな選手だと思います。

岡大海の応援歌は「エースをねらえ」。ファンファーレ

岡大海さんは今年(2015)の交流戦あたりから、
応援歌が「エースをねらえ」のアレンジが使用され話題になりました。

このようなアレンジはプロ野球でも珍しいので、
エースがねらえが好きな人や、
プロ野球の応援歌やファンファーレが好きなマニアが絶賛されているのです。

ただ、なぜ岡大海選手に対して、
エースをねらえのテーマなのか・・・?

実は「エースをねらえ」の主人公の、
「岡ひろみ」さんと、岡選手の名前が一緒なのです!

これは面白いアレンジですね!
最近の日本ハムは杉谷選手いじりなど楽しいパフォーマンスが多くて良いですね。
この先も、日本ハムが日本野球界を盛り上げてくれそうです!


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です