菅野智之が嫌いになれない理由。好き嫌い分かれてこそ巨人のエース!

スポンサードリンク

菅野智之が嫌いになれない理由。好き嫌い分かれてこそ巨人のエース!巨人の将来のエースになると言われている菅野智之投手。
世間では一浪してまで、巨人への入団にこだわった経歴が有名です。

菅野智之嫌いじゃない

菅野智之投手は25歳にして年俸1億をもらうまでになり、
1年目で13勝、2年目で12勝と、巨人に入団してから好成績を残し続けています。

昨年2014年と、今年2015年の巨人の開幕投手を任されるほど、
菅野智之投手はチームに信頼されており、
すでに巨人のエース同様に、球界トップのピッチャーに成長している。

祖父の原辰徳さんに憧れていたそうで、
現在、その監督の元でプレーできることは、
菅野智之投手にとっては最高に幸せなことでしょう。

そんな菅野智之さんですが、
実は野球ファンの中では、
好き嫌いがハッキリ分かれる選手でもあるのです。

スポンサードリンク



菅野智之が嫌いになれない理由

菅野智之さんが嫌いという方は、
おそらく、ドラフト騒動が原因であることが多いようです。

しかし、自分の入りたい球団にこだわって入団することは、
そこまで悪いことだとはいえず、
その球団が「巨人」であったことが大きいと思います。

思えば菅野智之さんは、
高校も神奈川の名門・東海大相模でした。

全国の強豪の中でも有名な同校の中で、
菅野智之さんはエースとして活躍。

3年生の夏の大会の横浜戦では、
振り逃げスリーランを記録し、
高校野球の歴史の中でも、
激しい意見がぶつかるシーンとなっているのです。

さらに、高校を卒業した後に進学した東海大学では、
大学野球界きっての好投手となり、
明治大学の野村祐輔らと共に、
「大学BIG3」と呼ばれ、
ドラフト1位確実の選手でした。

高校と大学と、完全に野球エリートであった菅野智之さん。
さらに、プロの入団先を巨人に強くこわだったことが、
いやらしく、嫉妬の感情を呼んだのかもしれません。

巨人入団後もトントンと活躍していき、
あっという間に大金を稼ぐプレイヤーに育ち、
一部の野球ファンにとってはおもしろくない選手であるのかもしれません。

ただ、やはり菅野智之さんの投球は魅力で、
オールスターのファン投票でも、
他のチームの先発を差し置いて上位。

やっぱり、良い投手は皆みたいのです・・・・。

それに、性格も野球人にとっては魅力で、
どうしても、ほっとけないというか、(イチロー選手のような感じ?)
菅野智之さんを嫌いになれない人のほうが多いことでしょう。

ただ、成績が極端に悪くなったときには、
普通の選手よりも大変な思いをしそうですね・・・。


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です