吉川大幾の素行は巨人で変わった?PL出身の意地でファインプレー!動画が人気。

スポンサードリンク

吉川大幾の素行は巨人で変わった?PL出身の意地でファインプレー!動画が人気。大阪の名門PL学園から2010年にドラフト会議にて中日に入団した吉川大幾選手。
中日に入団した当初は、中日の名手立浪和義がつけていた背番号3を継承するなど、首脳陣に多いに期待されていた。

吉川大幾素行ファインプレー

そんな吉川大幾選手だが、なかなか1軍に定着することなく、
2軍生活を長く続け、2012年にスイッチヒッターに挑戦するなど、
いろいろと試行錯誤を繰り返すが、1軍で出場した試合で成果を出せなかった。

吉川大幾選手は2014年のオフに中日から戦力外通告を受けた。
立浪さんの背番号3をもらい、期待され入団し、
まだ22歳の選手のいきなりの戦力外に、多くのファンが驚いた。

吉川大幾さんが戦力外になった理由は、
素行にあると言われている。

主に噂された、
吉川大幾の素行の悪さは、
寮の門限を破る、
練習に遅刻する、
怠慢に思えるプレーをする、

などがあったそうです。

仮にもPL学園から入った選手なので、
あまり、みっともない真似はしないと思うのですが・・・。

スポンサードリンク



吉川大幾は巨人で素行が良くなった?

吉川大幾巨人素行

噂される素行の悪さも、
巨人に入団すると全然聞かなくなりましたね。

吉川大幾さんはもともとセンスのある選手なので、
普通に育てていれば、絶対に開花すると言われていました。

中日が吉川大幾さんに戦力外を出した後、
素行のことなど気にせず、
吉川大幾さんを欲しがった球団は複数あったといいます。

やっぱり、野球選手は少しやんちゃで元気な方が良いのですかね?

そんな吉川大幾さんは先日のオリックス戦にて、
試合を決定づける、超ファインプレーを披露しました。

吉川大幾さんのポジションはサードなのですが、
9回表の満塁の場面で、
レフトに抜けるヒット性の当たりをキャッチし、
そのままサードベースを踏み、すぐに1塁に送球。

結果、ダブルプレーで試合終了。
巨人の絶対絶命のピンチを救ったのです。

このプレーで吉川大幾さんは、
巨人ファンに名が知られるようになり、
翌日のスポーツ紙やニュースでは大きく取り上げられ、
中日の戦力外を乗り越えた男として報道されました。

吉川大幾PL素行

もともとはPL学園出身の吉川大幾選手。
そのプライドが、今ようやくプレーに現れたのでしょう。

これからは巨人の一員として、
1軍の定着に励んてほしいですね!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です