タフィローズが現在になって日本球界復帰!年俸は不明だが成績予想!

スポンサードリンク

タフィローズが現在になって日本球界復帰!年俸は不明だが成績予想!かつて近鉄・巨人・オリックスなどで活躍したタフィ・ローズ選手。
王さんに並ぶ55本のシーズン本塁打の成績を残したことで有名です。

タフィ・ローズ日本球界復帰

タフィ・ローズ選手は長年のプロ野球生活を、
近鉄で過ごしていたため、関西弁が上手。

日本をこよなく愛した助っ人外国人で、
近鉄時代の伊勢ヘッドコーチを「お父さん」と呼ぶほど、
タフィローズ自身の中で日本の存在は特別のようです。

また、助っ人としてエグい年俸をもらい、
試合では派手なホームランに、審判とのやりあいも・・・。
タフィ・ローズほど、最近の助っ人の中で、ファンの中に残ってる選手はいないだろう。

そんなタフィローズは2009年を最後にキャリアを終わっていたが、
高年齢と年俸の偏見で契約がごちゃついただけで、
タフィ・ローズ本人は、もっと日本の球界でプレーをしたかったという。

スポンサードリンク



タフィ・ローズの日本球界復帰は独立リーグ「富山GRNサンバーズ」にて

タフィ・ローズ現在

今月の5月25日になって、
タフィ・ローズがまさかの日本復帰が報じられた。

復帰するのは独立リーグで、
コーチ兼任でプレーするようだ。

現在、46歳にもなるタフィ・ローズだが、
ファンの多くが「まだまだ打てる」と信じている。

富山サンバーズでの復帰なのだが、
気になるのは、年俸ですね。
数年前のプロ野球では、毎年何億のも年俸をもらっていたのですから・・。

今回のタフィ・ローズの契約に関して、
年俸の話はまったく聞こえてこず、
お金よりも、野球や日本に対する情熱によっての決断のよう。

2009年にオリックスを離れた後は、
本国アメリカで父親と二人で暮らしていたという。
正直、お金に困っているような情報は聞いたことがない。

オリックスを離れる間際には、
尊敬する柴田監督の元で、
年俸はいくらでもプレーしたいと発言していた。

もしかすると、その野球や、
情の厚さは本物だったのか?と、
今更になってタフィ・ローズの人情深さに驚く。

富山サンバーズでは、良い若手をどんどんプロの世界に送り出して欲しい!

ちなみに、独立リーグでのタフィ・ローズの成績予想だが、
コーチ兼任ということで、何試合出場するかはわからない。

全72試合に出れるとしたら、軽く20本塁打は打てるんじゃないか?と予想。
ただ、46歳ということで、どこまで守備に貢献できるのか・・・。
もしかすると、成績よりも、選手育成の意味合いのほうが強いのかもしれない。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です