法政大学の菅野秀哉(小高工業)。ドラフトと完全試合の記憶

スポンサードリンク

法政大学の菅野秀哉(小高工業)。ドラフトと完全試合の記憶現在、法政大学にて1年生の菅野秀哉投手。
高校時代は福島県の小高工業にてプロ注目の右腕でした。

菅野秀哉法政大学ドラフト

菅野秀哉さんはまだ1年生ですが、
法政大学では将来のエース候補で、
この先、出場試合が増えるごとに話題になりそうです。

菅野秀哉さんがドラフトにて注目されるならば、
2018年になりそうです。

高校から大学に進路を決める間際では、
プロ志願書の提出が期待された逸材だけに、
法政大学でパワーパアップしてほしいです!

菅野秀哉のドラフトでの評価

菅野秀哉さんは高校時代から、
プロのスカウトからコメントをもらっており、
当時の福島では、誰もが知る存在の投手でした。

身長183センチ体重75キロの体は、
プロ選手としては充分な体です。

菅野秀哉さんの球速は140キロ前後ですが、
伸び・キレ共に質のよい直球を武器にします。

また、球のリリースが前に出せる特徴と、
手のリーチの長さが素晴らしく
打者には、球速以上に、驚異的な体感をさせます。

投手としての資質を高評価されており、
もっと、体を作れば、プロでも充分に活躍できると。

スポンサードリンク



菅野秀哉の小高工業時代の完全試合

菅野秀哉さんが高校野球ファンの間で有名になったのは、
高校時代に記録した「完全試合」の快挙が要因でしょう。

高校野球でも、ノーヒットノーランはたまにあっても、
完全試合というのはなかなか難しく、当時の快挙は地元が湧きました。

福島県大会での完全試合は史上初めての快挙で、
菅野秀哉さんは、歴史に名を刻みました。

菅野秀哉小高工業完全試合

完全試合を達成した試合は、夏予選の2回戦。
相手は福島高専で9回を投げて13奪三振を奪っての快挙でした。

結局、甲子園には出場しませんでしたが、
その投手としての資質は注目されています。

進学した法政大学でも、数年後に躍動してる姿が浮かびます。

高校野球直後には、プロか大学の明言を避けていたので、
本人にプロ志望があるかは不明ですが、
この先の大学野球を盛り上げることには、間違いないです!

大学では1年生ながら、すでに登板しているので、
チーム内での期待値もたかそうです!


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です