春高バレー(2016)の決勝の結果。男子も女子も強豪が優勝!下北沢成徳と東福岡のメンバーの出身中学は?

スポンサードリンク

春高バレー(2016)の決勝の結果。男子も女子も強豪が優勝!下北沢成徳と東福岡のメンバーの出身中学は?今日1月10日に春高バレーの全日程が終了し、
男子と女子、ともに優勝校が決定しました。

女子は下北沢成徳と八王子実践の東京対決に注目が集まり、
そして男子はサッカーも選手権の決勝に駒を進めている東福岡と(熊本)の対決でした。

決勝の結果は女子は下北沢成徳の優勝。
男子は東福岡の優勝で幕を閉じました。

女子の東京対決ってすごいですね・・まるで漫画のH2のようです。
昨年2015年の夏の甲子園では早稲田実業と関東一が対決直前まで行きましたが実現ならず、
同じ県同士の決勝対決は、見てる人からすると不思議な優越感がありますね。

また男子で優勝を果たした東福岡はサッカーの選手権優勝も王手にかけてます。
これで、春高バレーでも優勝、サッカーの選手権でも優勝、
最終的には、野球部も甲子園で大暴れすれば・・・なんて素人の甘い妄想ですね・・・笑

もしかしたら、今年は東福岡の1年になったり・・ならなかったり・・・。

春高バレーでの連覇は史上7校目の快挙!

春高バレー2016決勝結果男子女子予想

今日、春高バレーの68回大会を制した東福岡高校。
(熊本)を25-18、25-21、25-19のストレート勝ちと、圧倒的な強さで2016年度大会を締めました。

男子での連覇は愛知の星城高校以来で、
この快挙に地元福岡は湧いていることでしょう!

これでもサッカーの選手権も制してしまったら、お祭り騒ぎです・・・。

昨年は福岡ソフトバンクホークスも日本一に輝き、
2016年の年初めに再びスポーツ紙に「福岡」の文字が躍るとは、
福岡県民にとっては、さぞ胸熱な近日であることでしょう。

かつて1998年に横浜高校が春夏連覇、
そしてベイスターズも日本一に輝いた1年は、
神奈川市民として、ずっと心に残る明るい1年だったことでしょう。

スポーツを通じて、その地元の人たちの心が明るくなるのはとても良いことで、
それこそ、スポーツに真髄に近いものでもあります。

ここまできたら、サッカー部にもしっかりと優勝を決めて欲しいですね!

スポンサードリンク



東福岡高校と下北沢成徳高校のバレー部メンバー(2016)

野球やサッカーの強豪であれば、
全国から優勝な選手が集まるのはわかるのですが、
それって、もしかしてバレー部も同じなのでしょうか?

ちょっと気になったので調べてみました。

東福岡高校男子バレー部のメンバーの出身中学(2016年)

3金子聖輝 WS右189/73/337 香椎三中
3宮園貫志 R 右169/52/293 引野中
3古賀健太 WS左189/73/337 古賀北中
2坪根泰斗 MB右185/67/320 箱崎中
3井口直紀 S 右172/62/309 三輪中
2福元浩太郎WS右180/63/321 鞍手北中
2井上陽太 WS右172/60/319 遠賀中
1安部翔大 MB右191/75/335 筑紫野中
1佐伯聖海 WS右185/79/327 中央中
1古賀拓未 WS右179/64/317 柳城中
3正近幸樹 L 右169/52/291 粕屋中
1正岡勇太 R 右172/60/305 板櫃中
1伊藤和輝 WS左180/65/310 吉田中
1松本春音 WS右180/71/315 香椎三中

ほとんどが県内福岡の中学出身のメンバー。
ガチで指導者の腕で二連覇したのかと考えると、すごいです・・・。

もともと、福岡人には運動神経の良い子供が生まれる伝統でもあるんですかね?
推薦ほどでもなくても、中学時点で声が掛かるようはことはあるようですが、野球やサッカーほど極端ではなさそうです。

下北沢成徳高校女子バレー部の出身中学(2016年)

黒後愛  WS右180/71/302 若松原中
小茂田夏海 MB右176/63/286 鷲宮東中
古屋祐美 MB右178/73/302 岡本中
熊井風音 WS右169/64/283 北沢中
市川玲奈 WS右176/68/297 三鷹七中
大土菜生 S 右168/60/272 北沢中
堀江美志 WS右174/62/291 北沢中
池谷優佳 L 右156/58/264 北沢中
片岡理佳子R 右163/55/275 北沢中
山口珠季 MB右176/69/292 鷲宮東
山崎のの花S 右174/63/291 袋井中
河田青空 MB右176/73/291 八王子実践中
高橋亜実 WS右170/60/279 北沢中
武田花奈 R 右162/53/272 北沢中

河田選手が八王子実践出身なのに驚き!まさか決勝で自分の元チームメイトを破るとは夢にも思わなかったでしょうね・・・笑

ほとんどの選手が都内出身で、北沢中出身の選手が目立ちます。

しっかりと部活の範疇で、地元の選手で強いチームが作られると考えると、野球やサッカーよりも、バレーの方が一般受けは良さそうですね!

それにしても、最近の子供は可愛い名前の選手が多い・・・あんな強烈なアタックを放つ子供に成長するとは、親も嬉しいようで、恐ろしいでしょうね・・・笑

ちなみに準優勝した八王子実践高校女子バレー部メンバーの出身中学(2016年)

下北沢成徳東福岡バレー部出身中学2016

野嶋華澄 ③MB右180/68/294 八王子実践中
樋沢玲英 ③MB右172/61/290 駿台学園中
平川里奈 ③S 左161/55/275 駿台学園中
東谷玲衣奈①WS右171/62/297 八王子実践中
積山春花 ②MB右175/69/292 八王子実践中
野嶋華鈴 ②WS右175/65/280 八王子実践中
森田茉莉 ③L 右160/56/270 八王子実践中
鈴木奈緒 ②PS右160/55/274 武蔵村山一中
伊藤八寿子②PS右164/65/272 八王子実践中
飯塚咲希 ②WS右172/65/285 小松川三中
本村成優 ①WS右175/69/287 八王子実践中
八木沢美穂②MB右177/77/289 住吉中
中山夏菜子①MB右181/79/286 八王子実践中

八木沢さんを除いて、全員が東京の中学出身です。

八王子実践中出身メンバーの多さに驚かされますが、
実は同じ中学も、バレーの名門として全国で有名なようです。

八王子実践中は多摩地区大会で14連覇など、
中学バレー界で、とんでもない記録を残しまくってます。

その中学から上がってきたメンバーが多いので、
八王子実践高校の強さの秘密なのでしょう!


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です