村上幸史の野球の球速・・・142キロで軟式で常時145キロ、MAX152キロ・・・始球式にはいつ?

スポンサードリンク

村上幸史の野球の球速・・・142キロで軟式で常時145キロ、MAX152キロ・・・始球式にはいつ?やり投げの日本代表アスリートの村上幸史さん。
彼は野球の実力がなかなかだと評判なのです。

村上幸史野球145

村上幸史さんの体は身長186センチ体重100キロと、
プロ野球選手顔負けなガタイを誇ります。

もちろん、本業のやり投げでは、
2009年のベルリンの世界陸上で銅メダルとすごい。

ただ、なぜ、そんな彼の野球の実力がそこまですごいのか?
それは、村上幸史さん自身が、中学生の頃に野球部に所属していたからだそうです。

野球のピッチャーの球速って、
ただ、身体能力が高いだけではでなく、
基本的なフォームや体重移動が重要となります。

やりなげに特選して体作りの延長に、
あそこまでの豪速球を投げれる村上幸史さんは、
奇跡のような存在ですね・・・・笑。

スポンサードリンク



村上幸史の始球式(スピードガンコンテスト)での球速は142キロ

村上幸史球速しきゅうしき2

まだ、村上幸史さんは始球式には登場したことがありません。
しかし、2009年に横浜スタジアムのスピードガンコンテストに参加し、
そこで142キロを計測してしますのです。

さらには、「炎の体育会TV」という番組に出演した際には、
軟式ボールで140キロ台を連発。
MAXで145キロのストレートを投げ込み、
元プロ野球選手の山崎武司さんを三振に打ち取っていました。

番組の収録は冬場だったので、
仮に夏に投げさせていたら、
もっとえぐい球速を記録していたと言われています。

ちなみに村上幸史さんの遠投は120メートルと、
プロでもなかなかいないレベル。

もし、村上幸史さんが野球の道に進んでいたとしても、
かなりの成果を残していたことでしょう。

個人的には、村上幸史さんにみっちり野球のトレーニングを積んでもらい。
夏場のシーズンに、本気の始球式を見てみたいですね。

大学時代にはMAXで152キロを記録したことがあるみたいなので、
それ以上の球速を期待しちゃいます!笑


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です