「居合斬り」の町井勲が160キロの球を真っ二つ!居合術の達人の海外の反応は?

スポンサードリンク

「居合斬り」の町井勲が160キロの球を真っ二つ!居合術の達人の海外の反応は?居合術の名人として知名度を上げてきている町井勲さん。
42歳とは思えない動体視力と技術で、現在でも注目を集めてます。

町井勲海外の反応

町井勲さんはテニスボールやBB弾の居合斬りを成功させており、
2011年までに5つのギネス記録を保持しています。

そんな町井勲さんは、バッティングセンターで、
160キロの軟式ボールを真っ二つに切る動画がアップされ、話題になってます。

町井勲が161キロの軟式を攻略。居合斬りのクールさにしびれる

バッティングセンターにて、
着物姿の町井勲さんの姿に、
およそ160キロの球をじっくりと目視。

町井勲さんの足元には畳が置かれており、
そこは居合術のポリシーが・・・・。

町井勲さんは3球目の161キロの球を、
スッと真っ二つにすることに成功。

カメラさんたちが、町井勲さんが切った軟式を見ると、
綺麗に半分に切れていました。

スポンサードリンク



町井勲に対する海外の反応。居合斬りこそがサムライ?

世界的に発信される動画サイトでは、
町井勲さんの動画も各国の言語タイトルで公開されており、
そこには、各国からリスペクトの声が集まってます。

海外の人の反応を見てみると、
想像通り「侍」の言葉が飛び交ってました。

また世界でヒットした映画「キルビル」に被せた反応もあり、
侍文化の現代の象徴のような絶賛のされようです。

町井勲160キロ野球軟式球ボール

しかし、一方で、
アメリカのメジャーリーガーのがすごいだの、
周囲のリアクションの仕方に問題あるだの、
すべてが肯定的な反応ではないようです。

一番面白いのは、
「第二のイチローになれる」という反応。

実は町井勲さんとイチロー選手って、
同じ42歳の世代だったりするんですよね。

現代の侍が2人もいる1973年生まれの日本人は素晴らしいです・・・。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です