カストロ元議長(キューバ)の死去。(死因や病名)。イチローへの発言(WBC)。息子の現在(フィデル・カストロ)

スポンサードリンク

カストロ元議長(キューバ)の死去。(死因や病名)。イチローへの発言(WBC)。息子の現在(フィデル・カストロ)いきなりびっくりするようなニュースが舞い込んできました。

なんとキューバ革命などで活躍した、
議長様であったフィデルカストロ氏が、
昨夜に亡くなっていたそうです。

今後のキューバへの影響や、
本国の顔がなくなることの寂しさや、
イメージしてみると切ないことだらけです・・・。

特にWBCでの積極的な発言は、
根っからの野球大国の威厳を守る、
大変、高貴で潔い人柄を表していました。

ちなみにフィデル・カストロさんの、
死因や病名に関してはハッキリされていません。

カストロ議長(キューバ)の死去。(死因や病名)

【サンパウロ時事】1959年のキューバ革命を率い、引退後も国内外に強い影響力を保持していたフィデル・カストロ前国家評議会議長が25日夜、死去した。

90歳だった。

実弟のラウル・カストロ議長が「キューバ革命の最高司令官が今夜(25日夜)午後10時半ごろ、死去した」と国営テレビを通じて発表した。 引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161126-00000040-jij-int

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%87%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e5%85%83%e8%ad%b0%e9%95%b7%e6%ad%bb%e5%8e%bb%e7%97%85%e6%b0%97%e5%90%8d%e5%89%8d%e6%ad%bb%e5%9b%a0%e4%ba%a1%e3%81%8f
まだまだ死因の詳細は明らかになっていません

弟のラウル・カストロさんは、
パーキンソン病を抱えていると言われてますが、
カストロ氏には、具体的な何かがあるか不明です。

今後の世界に向けたニュースの中で、
カストロ氏の詳細が分かると思います。

しかし90歳という高齢もあり、
現在まで健康に長生きしたことが、
まずすごい事実です。

権力者というのは、
そこまで長生きできないイメージがあるのです・・・。

やはり、多くの方に愛された人生だったのでしょう。
キューバの誇る素晴らしい方でした。

スポンサードリンク



カストロ元議長(キューバ)のイチローへの発言(WBC)

記憶に新しい2009年のWBC。

日本はチームリーダーのイチロー選手が、
極度の不振に悩み、連日批判を浴びていました。

決勝ラウンドのキューバ戦でもバンドを失敗するなど、
イチロー選手自身も、心が折れかけていたと、さすがに弱気になっていたことを明かしてます。

しかし、決勝の韓国戦では復調し、
最終的には決勝タイムリーを放つ活躍で、
日本代表を世界一に導いたのです!

このことに関して、
カストロ氏がまさかの言及。

イチロー選手を世界で最高の野球選手と讃えたのです。

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%87%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%83%81%e3%83%ad%e3%83%bc%e7%99%ba%e8%a8%80%e8%a8%80%e5%8f%8a%e8%b3%9e%e8%b3%9b%e8%ae%83%e3%81%88%e3%82%8bwb

キューバといえば、
決勝ラウンドで日本に敗れ、
この大会ではパッとしませんでした。

前回の大会に限っては、
決勝でに日本に敗れていました。(2006)

そんな日本の選手に受けて、
ここまで讃える発言ができるなんて・・・。

この発言1つで、
カストロ氏の人柄が、
日本中に広がったことでしょう!

国の中心人物が、
ここまで野球を理解し、
愛していることがすごいです。

今後のキューバのハイレベルな野球を、
カストロ氏なしで考えると、ちょっと不安です。

やはり国際大会では、
キューバという難敵がいてこそ、
盛り上がると思っているので!

フィデル・カストロの息子の現在

カストロ氏には5人の子供がいます。

しかし、息子たちのうち誰も、
政治的に権力を持っているわけではなく
どちらかというと、学業に専念した博士や専門家です。

またカストロ氏の唯一の娘さんは、
アメリカにいるとの噂もあります。

子供達はわりと、カストロ氏とは、
対極な人生を歩んでる印象です!

カストロ氏が亡くなった今後、
残された子供達の活躍に期待したいですね!

もちろん、政治的なことではなくて、
専門家として、高貴な活躍に期待したいです!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です