イチローと曙の意外な繋がり!感動のエピソード

スポンサードリンク

イチローと曙の意外な繋がり!感動のエピソードかつては日本人以外で、初めての横綱になった曙さん。
横綱として大相撲で活躍したあとは、格闘技にも参戦し、
プロレスから、タレントまで、幅広く活動されてます。

曙イチロー

一見、怖い外見に見える曙さんですが、
実はとても優しく、温かい方。

そんな曙さんは、
あのイチロー選手と、
意外な繋がりがあったのです!

イチロー選手といえば、
辰吉丈一郎さんなどとの繋がりが知られてますが、
曙さんとの繋がりはまったく知られていません。

今回は、曙さんとイチロー選手の、
まさかの感動エピソードを書いてみたいと思います。

このエピソードは、かつてのイチロー選手の評判の、
「チームではなく自分のことしか考えてプレーしてない」という、
嫌な誤解を吹き飛ばす内容にもなっています。

スポンサードリンク



曙「初めまして」イチロー「横綱、実は僕、横綱と初めてではありません。」

イチロー選手も曙さんも互いに、
トップアスリートとして、
名を世間に轟かしていた頃、

たまたま、ある場所にて、
曙さんとイチロー選手は、
挨拶を交わしたそう。

そのとき、曙さんは、
イチロー選手に、「初めまして」と挨拶。

するとイチロー選手は、
「横綱、実は僕、横綱とは初めてではありません。」
と言葉を返したそうです。

びっくりする曙さんに、
イチロー選手は続けて、
こう言葉を並べたそうです。
「数年前、温泉旅館の玄関先で、野球少年を励ました事はありませんでしたか?
実は、あれは僕なんです。
おかげさまでプロ野球選手になれました。

僕は横綱から励まされた言葉、今でも忘れません。
ありがとうございました。」

曙さんは、あまりにも偶然すぎる運命に、
びっくりしたそうです。

その、イチロー選手が、
かつて、曙さんにかけられた言葉は、

彼(イチロー選手)が、
まだプロ野球選手にもならない、

1991年の高校3年生の頃に、
宿舎の玄関先で言われた言葉のようです。

イチロー曙

それは当時、イチロー選手が、
自分のスクイズの失敗が原因で、
試合に負けてしまい、
宿舎の玄関で、涙ぐんでいたときでした。

曙さんは、連続勝ち星記録を更新し、
そのお祝いに、温泉に出かけ、
たまたま入った旅館の玄関にて、

泣きそうな顔で落ち込んでる、
当時、坊主頭の鈴木一朗少年を見つけたそうです。

鈴木一朗少年は、自分のミスで試合に負けてしまったことに、
責任感を感じて、落ち込んでいたみたいです。

そのとき、曙さんが鈴木少年にかけた言葉が、

「負けて覚える相撲かなという言葉があります。
私も相撲で負けてがっかりする事はあるけど、勝ってばかりの人生など存在しないよ。」

そして、鈴木少年は、

「ありがとうございます、元気が出ました。」

と、曙さんにお礼を言い、
その場を去ったそうです。
曙さんは、当時(1991年)から、
世間で有名な選手だったので、
当時の鈴木少年も知っていたことでしょう。

きっと、イチロー選手は、
ドラフトでプロに行き、
1軍で活躍したときから、

いつか、
横綱にお礼を言えるタイミングを、
探していたのではないでしょうか?

先輩に対して生意気なイメージがついてしまうことも多いイチロー選手ですが、
心細いときや、辛いときに、支えてくれた恩人のことは決して忘れないのでしょう。

そして、愛工大名電にて、
当時、高校3年生だったイチロー選手が、
チームの敗北に責任を感じ、
涙ぐむほど落ち込んでいた事実も素敵です。

イチロー曙親交

イチロー選手は高校生の頃の自分を語ると、
「当時はプロを目指して、10割を目標にしてた。」←自分の記憶(言い方違うかも)
など、感動的な話からは離れた、
そっけないエピソードばかり語ります。

その分、あとになってわかる話のキレ味がすごくて、
これもイチロー選手の素敵な一面ですね。
(なんだが不器用な感じもしますが、そこがまた良いです!)

現在の曙さんとイチローさん交友は不明ですが、
感謝の気持ちを、密かに持ち続けてることでしょう!


スポンサードリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です