イチローの名言の意味。名言の中にはイチローの努力の基準がある!

スポンサードリンク

イチローの名言の意味。名言の中にはイチローの努力の基準がある!イチロー選手の名言といえば、「小さいことを積み重ねことが、どんでもないところに行くただ1つの道。」が有名ですね。
この名言がイチロー選手の口から飛び出したのは、2004年にジョージ・シスラーの年間安打記録を破った試合の直後のインタビューの中です。
あの名言は、特別に用意された言葉を発したのではなく、自然にスラっと出た言葉であることに、意味があったと思います。

イチロー名言意味

イチロー選手の名言には、努力を欲したくなる、不思議な魔力がありますよね?
努力がしたいけど出来ない人にとっては、とても素晴らしい刺激になる言葉が多いと思います。

努力の面以外でも、自分に対する応援に対する考え方や、ファンや記者との距離を考えさせられる名言も多くあります。
その言葉の多くは、仕事や恋愛での他人の見方や、自分の他人からの見られ方を哲学したかのような、
一般の自分たちには参考にできる名言が多いです。

さらには、イチロー選手自身が苦しんだ2009年のWBC大会中での名言・・・・、
心が折れかけた中での、素晴らしい言葉のひとつひとつが、今となっては名言として語り継かれています。

最近では、日米通算で4000本安打を達成した際に、

「4000本のヒットを打つために、8000回以上の悔しい思いをしてきている。
その中で、常に自分なりに向き合ってきた事実はある。誇れるとしたら、そこではないかと思う。」

という名言を残し、各メディアの見出しに並び、
半年と少し経った現在では、すでに名言扱いとされている。

イチロー選手は200本安打が途切れた今でも、
その言葉の1つ1つに影響力を持っています。

スポンサードリンク



壁を越えるための考え方。
準備をすることの大切さ。

イチロー選手の名言の中の意味は、
それぞれですが、

今日は個人的に、イチロー選手の好きな名言を振り返り、
自分なりの解釈の中で、解説してみたいと思います。


「努力せずに何かできるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうじゃない。
努力した結果、何かができるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうだと思う。
人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、それは間違いです。」

イチロー選手は、日本にいた時代から「天才」と呼ばれ、
当時から「自分は天才ではない」と謙遜してきました。

その言葉の意味を、より掘り下げた名言だと思います。

努力をしてきたからこその自分だと、昔からイチロー選手は語っていますが、
「天才」の解釈自体は人それぞれで、自分のことを天才だと思うのであれば、
勝手にそう思っていてくれて構わないとも取れる言葉です。

自分を「天才」と呼ぶこと以前に、
自身と他人の「天才」の解釈の違いを、
まず説明してるあたりが、とても素敵です。


イチロー名言4000本安打

「どんなに難しいプレーも、当然にやってのける。
これがプロであり、僕はそれにともなう努力を人に見せるつもりはありません。」

努力を人に見せたくないというアスリートの方はとても多いですね。
しかし、イチローさんほど、そこを徹底してる人は少ないと思います。

苦労して成し遂げた200本安打も、
常に涼しい顔をして、「まだまだこれから」という表情で、
自分の限界をファンに見せようとしませんでした。

常にポーカーフェイスで、
声援にも、ブーイングにも反応しない。

クールな印象を追求するイチロー選手の魂胆には、
「努力を見せない」という信念があったからでしょう。

イチロー選手は、ある大記録を成し遂げて声を上げる投手を目の前に見て、
喜びや涙を人に見せるということは、自分の限界を相手に教えることになると、
少し、疑問を持って目で見ていました。

イチロー選手が、クールを装ったり、
プレーに感情を出さないのは、
努力は見せないという意味も含まれていたのでしょう。


「準備というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、
そのために考え得るすべてのことをこなしていく。」

「しっかりと準備もしていないのに、目標を語る資格はない。」

この名言の意味は、怠け者の自分にとっては耳が痛いです・・・笑
イチロー選手はインタビューの中で、「準備」という言葉を多く使います。

イチロー選手の語る準備というのは、
ストレッチなどの体のことから、
プレーのイメージという感覚的なことまで、
さらには、精神的な心構えまでもが含まれていると思います。

イチロー選手は、朝から試合までのルーティンが徹底されており、
食事を取って、栄養ドリンクを飲んで、ストレッチをして、
一連の練習をこなし、昼寝をしたり、音楽を聴いたり・・・。

準備に掛ける想いからこそのルーティンで、
イチロー選手の完璧主義に思える行動の意味のすべてが、
彼が「準備」を含む名言の中に隠れていると思います。


「壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁がある時はチャンスだと思っている。」

野球選手の誰もが「スランプ」というものを味わうと思います。
それは、僕たち社会人も同じかもしれません。

「壁」は乗り越えるもの・・・、
それを乗り越えて大きくなっていく、
でも、壁は永遠に自分の目の前に現れる。

イチロー選手がかつて例年のように出演していた、
NHKのドキュメントを覗いてみると、
輝かしい成績の裏に、泥臭い現実があって、

イチロー選手も、常に壁にぶつかってはぶち抜きと、
年々、挫折と成長を繰り返していました。

どんな人も壁にぶつかる。
どんな人でも、常に壁を破り続けている。

イチロー選手から学んだことの1つですね。

この名言の意味は、
長くのイチローファンほど、
心に響く言葉だと思います。


最後に、自分が一番好きな、
イチロー選手の人間らしさが、初めて見えたWBCでの名言、

「心がほぼ折れかけて、僕だけキューバのユニホームに見えて、
折れかけた心をぎりぎりでつなぎとめた。
チームメートがつないでくれることっていうのは素敵ですね。」

イチロー名言WBC

自分を救ってくれたチームメイトへの感謝を気持ちを、
イチロー選手なりに表現した言葉だと思います。

WBCではイチロー選手自身、類を見ない大不振に陥って、
見ているファンも心が痛かったでしょう。

最後、あのような結末になるまで、
国民がWBCの大会開催期間中、
常にイチロー選手の一文一句、1打席1打席を追って、

これまで、見てきた映画やドラマの感動とは全然違う、
表現のしようがない、大きすぎる感情に揉まれました。

大会のあとに、WBCを振り返るインタビューの際の、
イチロー選手の、誇らしげで、少し優しくなった表情が、
未だに忘れられません。
以上、イチロー選手の好きな名言と、自分なりの解釈でした。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です