西川僚祐(東海大相模)の出身中学(佐倉リトルシニア)と身長と体重。進路は大阪桐蔭高校も候補(画像)

スポンサードリンク

西川僚祐(東海大相模)の出身中学(佐倉リトルシニア)と身長と体重。進路は大阪桐蔭高校も候補(画像)今年2018年の夏の甲子園の地方予選は、
予期せぬ展開が続いています。

神奈川ではすでに例年ベスト8の常連である、
横浜隼人や平塚学園が敗退しており、
全国でも早実などの全国屈指の強豪が敗退しています。

大会が始まる前の予想は大幅に裏切られていますが、
その中でも、想像を超えた活躍を見せる、
期待にしっかりと答えてる逸材がいるのです。

その選手こそが、
現在、東海大相模に所属する、
「西川僚祐」くんなのです!

この西川僚祐くんは、
何と、まだ一年生なのです!

つまり、新規スーパー一年生なのです・・・。

東海大相模のスーパー1年生

今日7月19日は神奈川大会の注目シード校、
東海大相模が登場する日でした。

大会前から注目されていた、
スーパー一年の西川僚祐選手ですが、
何と、まさかの4番を任されての登場でした。

東海大相模は大和南高校に、
9−0のコールド勝利を飾りましたが、
4番に座った西川僚祐選手は、
3回に保土ヶ谷球場にて場外ホームランを放ったのです!

レフトに大きく打ち上げた当たりは、
そのままスタンドの外へ・・・、
1年生にして化け物のような当たりでした・・・。

試合の後、西川僚祐選手は、

「自分がチャンスで打たなければと思っていたので、一本が出てよかった」

と振り返りました。

強豪で4番を担う責任をすでに持ち合わせているようで、
実力だけでなく、精神的にも化け物級な気がします・・・。

しかし、この西川僚祐選手は、
一体何者なのでしょうか?

どこ出身で、どのような環境で野球をして、
どうして東海大相模に進んだのか・・・。

西川僚祐(東海大相模)の出身中学(佐倉リトルシニア)と身長と体重

名前:西川僚祐(にしかわ りょうすけ)
生年月日:2002年
身長:186センチ
体重:95キロ
右投げ右打ち

出身中学:佐倉中学?
歴代所属チーム;佐倉リトルシニアー薬円台リトルスター

球歴
2015年 リトルシニア日本選手権大会(2回戦)
2015年 ジャイアンツカップ(ベスト8)
2016年 リトルシニア日本選手権大会(2回戦)
2016年 ジャイアンツカップ(ベスト4)
2017年 リトルシニア全国選抜野球大会(優勝)
2017年 リトルシニア日本選手権大会(準優勝)
2017年 ジャイアンツカップ(優勝)

まず、身長と体重が清宮選手に負けじと規格外!

体重こそは清宮選手に負けてますが、
身長に関しては2センチも清宮選手を上回ってます

さらには、中学時代の成績も、チームで獲得したタイトルも凄まじいです・・・。

実力も経験も中学の時点で出来上がってたような感じですが、
高校に進学しても、まだまだ伸びしろを感じるからすごいです!

スポンサードリンク



進路は大阪桐蔭高校も候補だった?

西川僚祐選手は中学生時代に、
人気スポーツ番組「Going」にて、
スーパー中学生として紹介されました。

この番組で過去に中学生の時点で紹介されたのは、
清宮くんと万波くんなどです。

彼らに続いて紹介された西川僚祐選手は、
放送直後から、全国の野球ファンに認知されました。

番組の中ではソフトバンクの柳田選手に憧れていることや、
打撃フォームも柳田選手を参考にしており、
脇をしっかりと締めて、
ボールに力を伝える恩恵を授かっていることがわかりました。

下半身の軸が強くて、
上半身が全くブレない体の強さなど、
常に大物の匂いが漂っており、
高校に進学しても1年生から即戦力だと予想されてました。

そして、中学を卒業した後に進学する高校ですが、
多くの方が大阪桐蔭や横浜高校を予想し、
中には、地元の千葉県の専大松戸や千葉経大付だと憶測された方もいました。

しかし、実際の西川僚祐選手の進路は、
神奈川の名門・東海大相模にだったのです!

もともと所属していた佐倉リトルが、
東海大系列にパイプを持っていたようで、
それらが相模に進学した要因だと考えられてます。

これから東海大相模のユニフォームを身を包み、
甲子園で暴れる彼の姿が見れると思うとドキドキしますね!

今年だけでなく、後2回も夏の甲子園を目指せるので、
今後、長く注目してみたいと思います。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です