富島高校の主将・中川大輝はバイトで遠征費を稼いでいた(建築関連)

スポンサードリンク

富島高校の主将・中川大輝はバイトで遠征費を稼いでいた(建築関連)春の甲子園が待ち通しい時期ですが、
昨日、選抜に出場できる全高校が発表されました。

21世紀枠では伊万里と富島高校が選ばれ、
連日、メディアを沸かせています。

特に富島高校は前身の高校が1916年創立されて、
初めての甲子園出場ということで、
歴史の長い高校の、ようやくの甲子園出場に地元は大盛り上がりです。

富島高校の浜田監督は、
技術よりも先に心が大切し、
かなり変わった指導をされているそうです。

浜田監督は富島高校よりも前には、
2008年に宮崎商業を率いて、
夏の甲子園出場を果たしています。

指導力の高い監督に導かれて、
選手たちも幸せだと思いますが、
具体的にどのような指導があったのでしょうか?

富島高校の主将・中川大輝はバイトで遠征費を稼いでいた(建築関連)

浜田監督は選手に派手なガッツポーズを許さず、
昨年の秋の大会で好調だったチームにて、
厳しく指導を行い、球場に見にきてる高校野球ファンの心を奪いました。

最近の高校野球というのは、
派手なガッツポーズが当たり前になっているので、
こういう高校が登場するのは嬉しいですね!

また、さらに斬新に思うのは、
部員に遠征費を稼ぐために、
アルバイトをさせていたことです。

多くの野球部がバイトを禁止にしたり、
そもそもそのような時間が設けられなかったりしますが、
浜田監督の考えは違ったようです。

高校でバイトを経験した選手が、
甲子園に出場できるなんて、素敵な時代じゃないですが!

しかし、選手は主にどのようなアルバイトをしていたのでしょうか?

主将でチームの中心的な中川大輝選手は、
建築関連の現場でバイトをしていたそうです。

建築のバイトといえば、
高給ではありますが、
大人になって厳しい仕事・・・、
それをしっかりとこなせた中川選手はすごいですね!

他のチームのはない精神力を持ったチームということで、
他の高校と違った個性で人気が出そうです。

きっと、建築の現場で一緒に汗を流した仲間達は、
中川選手のことを誇りに思って応援することでしょう!

今後も多くのチームが、選手にアルバイトを許してくれれば、野球の敷居自体が低くなり、高校で野球をやりたいと思う選手が増えることでしょう。

今の時代は珍しくても、将来的には当たり前になってても良いなと思う指導でした。

こういう高校がベスト8まで残ってくれたら、きっと世間も見る目を変えることでしょう。

ちなみに自分は高校時代に、バイト先の仲間に高校球児がいました、そこまで意識の高い子ではなかったですが、学校に秘密にしてて大変そうでした・・・・涙。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です