上杉達也が31年ぶりに?幻の甲子園のマウンド。決勝試合と対戦相手の憶測(MIX画像)

スポンサードリンク

上杉達也が31年ぶりに?幻の甲子園のマウンド。決勝試合と対戦相手の憶測(MIX画像)昭和の大人気野球漫画の「タッチ」ですが、
現在でも、野球人問わずに大きな需要を誇り、
今の小学の学校の図書館でも貸し出し中が続いてます。

タッチの魅力といえば、
亡くなった双子の弟・上杉和也のために、
兄貴の上杉達也が甲子園を目指す兄弟ドラマ。

または、和也に取り残された、
チームメイトが、懸命に夢を受け継ぐ友情ドラマ、
または浅倉南と上杉達也の接近を描いた恋愛ドラマでもあります。

ライバルの新田や、監督のサングラスの男など、
個性の強いキャラクターも際立ち、
今のプロ野球選手の中でも、高校野球に憧れるきっかけになってた方は多いでしょう。

そんなタッチですが、
最後には無事甲子園出場を果たし、
朝倉南に上杉達也が告白、

最後のシーンは、
甲子園で優勝した証でもある、
表彰のお皿が飾られたシーンで終わりになってます。

つまり、甲子園での試合のシーンは省かれているのです。

上杉達也が31年ぶりに?幻の甲子園のマウンド

漫画では甲子園以降の試合模様は描かれていないものの、
ラストシーンでは優勝皿が飾られてました。

ファン的には「甲子園での達也の活躍が見たい」というのが本音、
あのストレートが、全国の強打者にどこまで通用するのか、見てみたいでしょうね。

あだち充さんの名作マンガ「タッチ」に登場する主人公・上杉達也が甲子園の決勝で快投。そんな“幻”のシーンが、同作の約30年後を舞台にしたマンガ「MIX」で描かれていることが11日、明らかになった。「タッチ」では、達也の「明青学園」が全国制覇をした証しとなる優勝皿は描かれたものの、達也が甲子園で投げている場面は一切なく、「タッチ」の連載終了後から実に31年の時を経て甲子園で活躍するシーンが描かれたことになる。引用元:http://mantan-web.jp/2017/03/11/20170310dog00m200035000c.html

仮に31年ぶりに甲子園でのマウンドが描かれてば、
これは日本の漫画ファンだけでなく、
野球人や青春にタッチがあった人全てが注目します。

特に南と付き合った直後の達也のメンタルはどのようなものなのか?

アルプススタンドに駆けつけて、
達也や南、チームメイトを支えた家族や関係者全員の、
明青の選手に声援を贈る姿など、

今、蘇っても、自然と涙がこぼれそうです。

何よりも、鬼監督の行方や、
甲子園での明青の監督がわかるなら、
なお気になります。

スポンサードリンク



上杉達也が31年ぶりの決勝試合と対戦相手の憶測(MIX画像)

あだち充さんのMIXでは、
上杉達也が甲子園のマウンドで、
圧巻のピッチングをしてる様子が描かれているそうです。

しかし、その決勝などの試合の詳細は、
今後描かれることはあるのでしょうか?

「MIX」は、あだちさんが2012年から月刊マンガ誌「ゲッサン」(小学館)で連載している。達也たちが甲子園優勝した約30年後を舞台に、血のつながっていない立花兄弟が「明青学園」に入り、甲子園出場を目指すという野球マンガ。達也のライバルの一人だった西村がライバルチームの監督として登場しているが、達也は“伝説の選手”という扱いで名前が出るだけで描かれたことはなかった。

11日発売の「ゲッサン」6月号に掲載された第59話「似てると思わないか?」では、立花兄弟の弟、投馬が「明青学園優勝決定試合」のビデオを再生し、「これが明青学園 上杉達也のストレート!」などと圧巻の投球をしているシーンが描かれている。マンガの最後のページには「目に焼き付いている。上杉達也の伝説の投球(ピッチング)…」と書かれている。引用元:http://mantan-web.jp/2017/03/11/20170310dog00m200035000c.html

上杉達也の伝説の投球・・・。

あくまで読者には想像の中で、
上杉達也の甲子園のマウンドを描いて欲しいということですかね?

個人的に思う、上杉達也の甲子園は・・・。

甲子園大会直前に彼女をゲットをし、
モチベーションは甲子園以上。

亡き和也を念願の甲子園に連れてきたということで、
チームメイト全員のモチベーションも最高潮

さらに、鬼監督の退任で、
代行の監督が優れた選手起用と、
理にかなった練習で、細部に洗練された野球を披露。
(甲子園大会まで少ないですが、チームを修正することがでしょう)

鬼監督がいなくなっても、
甲子園に向けて、
皆が自主的に、さらに厳しい練習を課すのかなと。

上杉達也の投球スキルはさらに進化し、
球速も制球も、地区大会よりもひと回り大きく成長しているのかなと。

ストレートは球速表示以上に、
キレと伸びがアップし、
スタミナも切れずに連投を重ね、

相手のバッターは達也のストレートだけに山を張るが、
想像以上の伸びに手こずり、空振りと見逃しの山

そして、打線は手硬い攻撃と、
クリーナップの強打で効率的に得点を重ね、
2桁得点という圧倒的勝利ではなく、

「2−0」や「4ー3」のような緊迫したゲームを重ね、
準々決勝以降の、どこかの試合でノーヒットノーランは達成しているかなと。

↑あくまで個人的な予想・憶測です・・・笑。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です