和製ベーブ・ルースと言われる清宮幸太郎くんとは?

スポンサードリンク

和製ベーブ・ルースと言われる清宮幸太郎くんとは?日本のリトルリーグに「和製ベーブ・ルース」と野球ファンに言わしめている野球少年がいる。その名は清宮幸太郎くんである。彼はアメリカで開催された世界大会には世界レベルの投打を見せつけ、日本に限らず、アメリカの野球ファンの注目を奪った。

和製ベーブ・ルース 清宮 画像

この清宮幸太郎くんは東京北砂リトルに所属し、

13歳に身長183センチの体重93キロを誇る体格を持ち、

世界大会では打率6割の3ホーマーをマークし、

投げてはキュラソー戦にてアウトのほとんどを三振で締めた。

中学は早稲田実業中学に在学のため、将来的には早実にて甲子園を目指すと見られる。

スポンサードリンク



すでにイチローのお墨付きの和製ベーブ・ルース

清宮幸太郎 イチロー 画像

清宮くんは世界大会にてヤンキースのイチロー選手を面会を果たし、

「君大きいな・・・」とイチローを驚愕させた。

しかし、清宮くんは憧れの選手にイチローの名を挙げることなく、

現在謹慎をくらっているアレックス・ロドリゲスに憧れていると語っている。

清宮くんは大きな球場でもホームランを打てるパワーをすでに備えており、アメリカのメディアにも「日本にベーブルースがいる」と絶賛されている。実際に清宮くん本人も「和製ベーブルース」の命名は気に入っているようだ。

彼を甲子園で見れる可能性があるのは2015年以降・・・一体どんな甲子園になるのか?清宮君は早実からの甲子園出場が温厚なので今から目が離せない。彼ぐらい高校からメジャーに行っても良いと思うが、その頃の日本のドラフトシステムがどう変わっているのか・・・・・?


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加