松坂大輔の決意。「アスリート運命の1日 スポーツ名勝負の舞台裏」の動画は今夜解禁

スポンサードリンク

松坂大輔の決意。「アスリート運命の1日 スポーツ名勝負の舞台裏」の動画は今夜解禁西武ライオンズからレッドソックスまで活躍された、
元メジャーリーガーの松坂大輔投手ですが、
メッツ移籍後から、ソフトバンクまで、
自分の想い通りの活躍はできませんでした。

松坂投手はメジャー時代のトミージョン手術の影響で、
メジャー時代にフォームを崩してしまい、その後低迷。

必死のリハビリを続けながらも、日本球界での復活は果たしていません。

ソフトバンクでの2シーズンを通して、
1軍で登板したのは1試合のみで、
その唯一の試合では大量失点を食らってしまいました。

それでも昨年の頭にはダイエットを決行し、
2軍でも140キロ台後半のストレートを多く投げ、
復活の兆し自体はありました。

怪我やチーム状態の良さなど、
運悪く、チャンスは少なかったのです。

そんな松坂投手も、
昨年のオフにはついに戦力外に、
今年は中日の入団テストに挑むと言いますが、
その結果を聞くのが怖いのが素直な気持ちです。

松坂大輔の決意

松坂投手はまだ日本に帰って来て、
1勝も挙げることができていません。

かつてはボストンのローテを支え、
WBCでは強豪国相手に圧巻のピッチングを見せてた彼が、
現在、このような状況にあるのは寂しいことです。

結局、ホークスを出てしまった現在ですが、
多くの人は「引退もあり得るのかな?」と考えたことでしょう。

しかし、松坂投手は、
まだまだ現役を続ける意向を見せているのです。

意地でも現役という彼ですが、
やはり高校時代からの負けず嫌いな気持ちが、
まだまだ冷めやんでいないのでしょうか・・・。

「投げることで恩返しをしたかったのですが、できなかった。ホークス、ホークスのファンに心残りというか、申し訳なかったという気持ちでしかないです」

本当は長く支えてくれた日本のファンに、
せめて復活した姿を1試合でも見せたい、
きっと、恩返しの気持ちもあると思います。

もっといえば、昨年は復活の1歩手前にいたので、
ホークスでなければ、1軍でもっと投げれたという感覚もあると思います。

ファンからすれば、
悲惨だった近年のイメージのまま、
松坂投手が引退するのは嫌ですね。

最後の最後に意地を見せてくれる、
まだまだ期待してしまいます。

さらにいえば、家族もいるので、
子供が大きくなって、
1軍の試合で投げる姿を、
今、目に焼き付けて欲しいと、
父親としての意地もあるのかもしれません。

どちらにせよ、
今、松坂投手が引退するのは、
とても勿体無いことなので、
現役にこだわる姿勢は嬉しい。

番組「アスリート運命の1日 スポーツ名勝負の舞台裏」では、
中日の入団テストに挑む松坂投手が取り上げられるというので、
そこで、現役にこだわり理由を語ってくれることでしょう。

スポンサードリンク



「アスリート運命の1日 スポーツ名勝負の舞台裏」の動画は今夜解禁

番組では松坂投手と同じく、
今だに入団先が見つかってない、
同世代の村田修二選手にも密着してるそうです。

松坂世代をリアルタイムで観て来た野球ファンからすると、
目の離せないドキュメントになると思います。

松坂投手の現役にこだわる理由には、
具体的に何があるのか?

また、村田修二選手は、
どんな心境で球団からの連絡を待っているのか・・・。

お2人共、まだまだ力があると思うので、
無事に入団先が見るかると嬉いです、
最近のプロ野球のシビアな人事を見てると、
ネガティブな気落ちになってしまいます。

数年前は松中選手が、
現役にこだわりながらも、
移籍先が見つからず、
そのまま引退するということがありました。

家族もいる世代なので、
本人だけでなく、
家族の父に対する気持ちが、
見ていて辛いのです。。。

「何が何でも続けたい。諦めたくない。周りの反応、言葉に惑わされたくない。何を言われようが、自分でしっかり決めてやる、と思って進んできたつもりです」

松坂投手の強い言葉を受けて、
来年には、松坂投手にボロカス言ってた人が、
しっかりと「ごめん」と謝れる状況であって欲しいです。。笑

「どんな形になっても、まだ続けると思っていた。周りが辞めた方がいいと言っても、そうとは思わないです。自分が納得できるならいいですけど、このまま立ち止まってしまったら、この先の人生で後悔すると思います」

今の松坂投手の次女は8歳で、
父が1軍のマウンドで活躍する姿を、
まだ見たことがないそうです。

最後の最後に、しっかりと次女に野球選手としての、
父の背中を見せることも、モチベーションの1つになっていると考えて間違いなさそうです。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です