スポンサードリンク

片平晋作さん死去。死因は膵臓癌。現役時代は西武で活躍(通算成績)最近は闘将として知られていた、
星野仙一元監督がすい臓がんで亡くなられましたが、
再び、球界から同じ病気で亡くなられた方が・・・。

元西武の片平晋作さんですが、
2018年の1月22日に、
すい臓がんのため、68歳で死去されました。

片平晋作さんは現役を引退した後は、
西武にて1軍打撃コーチや2軍監督など、
球団、ファンから信頼された立場にありました。

選手としても指導者として一流だった、
片平晋作さんの死去は、多くの野球ファンを悲しみの渦に巻き込んでます。

片平晋作さん死去。死因は膵臓癌

片平晋作さんが亡くなったのは今日の午前でした。

雪の降った1日が最後とは、なんとも美しいです。

プロ野球の西武の内野手などとして活躍した片平晋作(かたひら・しんさく)氏が22日午前9時58分、膵臓(すいぞう)がんのため亡くなった。68歳だった。西武球団が発表した。引用元:日刊スポーツ

まだ68歳の若さだったということで、
球界的には惜しい人材を失くしてしまいました。

片平晋作さんは西武でのコーチだけでなく、
そのあとの解説者としても愛されました。

決して選手を悪く言わない、
愛情の深い解説が評判になるなど、
その人間的な優しさがファンで知られました。

また、解説者の後に女子野球の監督に就任すると、
1年目から大きな大会で優勝するなど、
しっかりと結果を残されました。

しばらく名前を聞かないと思えば、
重たい病気にかかっていたなんて・・・。

また、どこかで当たり前にお見えできると思っていたのに、
悲しい気持ちでいっぱいです。

今後も片平晋作さんのような、
優しくも、素敵な指導者がどんどん誕生して欲しいです。

スポンサードリンク



片平晋作は現役時代は西武で活躍(通算成績)

現役時代の片平晋作さんの持ち味といえば、
「一本足打法」です。

王さんのイメージが強いかもしれませんが、
80年代にパリーグを見ていた人の中では、
片平晋作さんの一本足もインパクト抜群でした。

強かった西武時代の象徴の1人ともいえるため、
古い西武ファンの記憶の中で、片平晋作さんは偉大な存在です。

清原選手が西部に入団した後も、
ファーストのポジションからDHに回りましたが、
打率.292に本塁打17本としっかりとして成績を残していました。

片平氏は東農大から71年ドラフト4位で南海に入団。1本足打法で知られるようになった。82年には西武に移籍して一塁手として活躍し、82、83年の連続日本一に貢献。89年に大洋で現役を引退した。引用元:日刊スポーツ

片平晋作さんは1972年に南海でキャリアをスタートさせ、
1989年に大洋で引退するまで18年間プレーしてきました。

通算成績は打率.274に本塁打176本、打点601、1181安打でした。

一本足でなければ3割2000本に届いていたと言われていますが、
自分のポリシーを捨てずに燃え尽きた、ロマンの塊のような選手でした。

選手としても素晴らしく、引退後の活動のよかった方というのは、
野球界ではかなり珍しいですね!


スポンサードリンク