清宮のサード挑戦。守備は下手?コンバートとDHとファースト(画像・動画)

スポンサードリンク

清宮のサード挑戦。守備は下手?コンバートとDHとファースト(画像・動画)ドラフト1位で日ハムへの入団が決定した清宮選手ですが、
やはり気になるのは守備力です。

高校生時代から清宮選手の守備は物議を醸してましたが、
それでも高校生のファーストとしては十分な実力ではありました。

それでもプロに入った後に、
あの守備力で食っていけるのか・・・。

DH制のあるパリーグに行ったということで、
その不安は解消されると思われてますが、
実際には、助っ人外国人が独占しがちなポジションなので、
現在の清宮選手の実力で奪え取れるとは限りません。

1年目からレギュラーで出場し、
しっかりと経験を積んで欲しいという思いから、
「サードコンバード案」が浮上してました。

特に日ハムには中田翔さんと、
レアード選手がいますので、
今の段階では黙って清宮選手を使うのは難しいからです。

ファンも日ハム側の思考の同じで、
入団して入った今年の冬に、
早速、サード練習に励む清宮選手の姿があったそうです。

清宮のサード挑戦。守備は下手?

現在の清宮選手は、
千葉県で自主トレに励んでおり、
その練習メニューの中に、
サード守備練習も組み込まれているのです。

清宮選手は、
「(三塁は)大事なポジション。全力でやりたいと思ってます」
とコメントを残しています。

清宮選手は高校時代に、
サードのミスで得点に繋がった、
苦い経験もあるので、その経験から、
サードの守備の責任を感じているのです。

早実時代からファーストでの守備範囲が狭いと、
散々言われていただけに、
サードでこそ動ける選手になりたいと燃えているのでしょう!

プロに入って出場機会を多くいただけるために、
春のキャンプまでにはサードで使える選手に育って行って欲しいです!

まだまだ若くて、なんでも吸収できる時期だと思うので、
サードに限らず、外野でも貪欲に練習していって欲しいですね。

中田翔選手は高卒時代に、
サードで色々と問題がありましたし、
その後、頑張って外野の名手までに育ちましたから。

あれだけの逸材を抱えた日ハムも責任重大で、
大谷選手の二刀流への気遣いの後に、
大物スラッガーが入ったということで、
常に球界ファンからの厳しい選手起用への審査があります。。笑

清宮選手だけでなく、
日ハムも一団となって頑張って欲しいです!

スポンサードリンク



コンバートとDHとファースト(画像・動画)

清宮選手は最近、大谷選手と対面し、
良い刺激を受けたと言います。

二刀流で頑張った若い選手を目の当たりにすれば、
自分のコンバートの問題だってちっぽけに見えることでしょう。

自主トレでの清宮選手は、
サードノックで軽快な動きを見せており、
栗山監督もかなり期待しているようです。

しかし、野球ファンであれば、
そこそこうまい高卒でも、
サードを任される選手が少ないことを知っています。

簡単に思い浮かべれるのいえば、
松井秀喜さんと中田翔さんです。

皆、結局外野に行きがちですが、
清宮選手がファースト専門からサードに行くって、
かなり無理がないか?と疑問に思う方が多いと思います。

肩の強さでいえば、投手として140キロを余裕で超える逸材なので、
誰も文句は言わないと思いますが、問題はキャッチする能力とその範囲ですね・・・。

ファーストで守備範囲のことを言われてしまうぐらい、
本当にサードの使える選手に育つのか、
それが大きな課題となりそうです。

仮にサードでダメだったとしても、
コンスタンディングにDHか代打で出場できると思いますが、
やはりファンが見てみたいのは、レギュラーとして出場する清宮選手の姿ですね。

今更中田選手のサードは無理だと思いますし、本当に悩ましい部分です。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です