井口資仁がロッテ新監督に一本化(内定)。引退後に就任会見?3年基本の複数年の可能性

スポンサードリンク

井口資仁がロッテ新監督に一本化(内定)。引退後に就任会見?3年基本の複数年の可能性近年なかなかAクラス復帰を果たせないロッテですが、
長年チームを支えてきたベテランの井口資仁選手が、
今季限りでの引退を発表してます。

期待のルーキーがなかなか育たないものの、
ドラフトでは良い結果を残しているので、
後、3本後ほどには勝負はできそうです。

それでも手放したデズパイネが・・・など、
不運が多いのも事実で、
首脳陣や監督への不満は多くあることでしょう。

そんな中、今季で引退する井口資仁選手が、
その後に新監督に就任するという報道がありました。

ロッテが新監督の候補を、今季限りで引退する井口資仁内野手(42)で一本化したことが22日、分かった。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00009953-nksports-base

ロッテ側は監督を井口資仁さんに委ねることで一本化しており、
今後に正式に発表するようです。

若い監督に早めにバトンタッチしていくという、
ロッテの新しい試みですが、
これは吉と出るのでしょうか?

井口資仁がロッテ新監督に一本化(内定)

今年2017年のロッテは、
シーズンが始まって早々に自力での優勝は消滅し、
夏のは伊東監督が責任を取って辞任することを表明しました。

一部からは監督よりも、
その上の人が・・との声もありますが、
現に結果を出していないので、仕方ない選択でしょう・・・。

そんな中での井口資仁選手への監督のオファー、
これにはファンも心機一転した気分で来年に期待できるのか?

8月13日の伊東監督の辞任表明を受け、球団は複数の候補をリストアップ。検討を続けてきたが、最終的に井口にオファーを出すことに決めた。3年を基本とした複数年契約を提示し、最下位に沈むチームの再建を託す。24日の引退試合(日本ハム戦、ZOZOマリン)以降に、本格的に交渉を開始する。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00009953-nksports-base

2年前に工藤監督が1年目で日本一を達成したことで、
プロ野球のチームに及ぶ影響は監督よりも結果は選手層との説が出ました。

それでも昨年のラミレス監督のクライマックスシリーズ進出を見てみると、
「やっぱり監督がよければ勝てる」というイメージを大きくしました。

井口資仁監督が登場した頃には、
ロッテをどこまで導くことができるのか、
1つのロマンが見れることには間違い無いですが、
仮にこれで連続で辞任ということになったら最悪です。

スポンサードリンク



井口資仁の引退後に就任会見?3年基本の複数年の可能性

現在の日本プロ野球の監督は、
ほとんどが40代の若さということで話題になっていましたが、
メジャーリーグを経験した監督は少なかったです。

井口資仁さんが他の監督とは異なるのは、
日本とメジャーで優勝を経験をしていることです。

若い感覚と現場での勝のリズムを知っているということで、
チームの改善点を、より具体的に知っているはずです。

助っ人で来た外国人選手の扱いもうまそうですし、
現役の頃に憧れていた若手も多くいることでしょうし、
その影響力は計り知れません。

しかし、具体的にどのような戦略を持ちたがる方なのかは不明で、
その点、来年のシーズンは井口資仁さんの野球脳が明らかになるとことでしょう。

由伸監督は現役時代に、
才能の集ったチームでプレーしていたことから、
選手起用に癖が出てしまいました。

ラミレス監督は研究熱心で、
そのデータに基づいた野球で、
若手選手を飛躍させました。

井口資仁さんの現役時代は?と考えると、
ダイエー時代は、スター軍団に支えられ、
ホワイトソックス時代は、戦略が功を奏した優勝を経験し、
日本復帰後は、チームのどん底を見ました。

勝ち運も負け運も身にしみて知っていることが、
井口資仁監督の采配にどう影響するのか、見ものです!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です