SB柳田が全治3週間。現在の容態と復帰時期。右腹斜筋損傷・肋間筋損傷2度の診断(原因)。クライマックスシリーズに間に合うのか?

スポンサードリンク

SB柳田が全治3週間。現在の容態と復帰時期。右腹斜筋損傷・肋間筋損傷2度の診断(原因)。クライマックスシリーズに間に合うのか?今年、打率3割本塁打30本クリアと、
見事な復活劇を見せた柳田悠岐選手。

彼の活躍もあってから、
ソフトバンクは最速でのリーグ優勝を果たしました。

2年前の柳田悠岐選手は、
クラマックスシリーズでは・・・、
ファンにとっても本人にとっても辛い思い出でしょう。

今年のクライマックスシリーズこそは、
柳田悠岐選手に暴れてほしいと、多くのファンが願っていると思います。

しかし、今日、
非常に残念なニュースが流れました。

ソフトバンクは21日、柳田悠岐外野手が同日に札幌市内の病院でMRI検査を受けた結果、「右腹斜筋損傷・ 肋間筋損傷2度」と診断されたと発表した。全治3週間の見込み。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00010017-fullcount-base

なんと、柳田悠岐選手は、
「右腹斜筋損傷・ 肋間筋損傷2度」と診断され、
全治3週間の休養が必要となりました。

前回は死球で足を痛め、
その後、辛い境遇でクラマックスに進みましが、
あの2年前の悲劇が、今年も繰り返されるのでしょうか?

SB柳田が全治3週間。現在の容態と復帰時期。右腹斜筋損傷・肋間筋損傷2度の診断

ここ近年の柳田選手は、
怪我に泣かされることが多く、
今年のシーズンの活躍は、
ずっと待ち受けていた光景でした。

ソフトバンクはシーズンを見事に制しましたが、
ここにきて、中心選手である柳田選手の離脱は、
ファンにとってはデジャブ的な悲劇なのです。

柳田は20日の試合(日本ハム24回戦・2回表) で右脇腹付近の痛みを訴え途中交代。この日、出場選手登録を抹消された。

レギュラーシーズン中の復帰は絶望的。今季は130試合出場で打率.310、31本塁打、99打点をマーク。打率はリーグ2位、本塁打は同3位、打点は同2位につけている。パ・リーグ覇者のソフトバンクは10月18日から、ヤフオクドームでクライマックスシリーズ・ファイナルに挑む。

柳田はすでにチームを離れ、数日間は関東地方の病院で治療を行い、その後筑後のリハビリ組に合流する予定だという。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00010017-fullcount-base

右わき腹に痛みがあるとして途中交代されましたが、
2年前の悲劇も同じような時期での途中交代でした。

すでにチームを離れ、出場選手登録からは名前が消えてます。

現在の容態はまだまだわかりませんが、
柳田選手本人が、今後どのようにリハビリに向き合っていくかで、
その復帰の時期は変わってくると思います。

ただ、怪我を治すだけでなく、
試合に出て活躍しないといけない立場ですから、
されど数週間のブランクでも、野球わかりませんからね・・・。

スポンサードリンク



柳田はクライマックスシリーズに間に合うのか?

2年前の悲劇を繰り返さないためにも、
柳田選手は少しでも早く現場に復帰してほしいですね。

今日に全治三週間のニュースが出てばかりなので、
今後、容態が悪化すればもっと伸びるでしょうし、
柳田選手が順調に回復して、リハビリも頑張れば、
クライマックシリーズに間に合う可能性だってあります。

怪我に泣かされて、失った時間が多いのは、
これまでの柳田選手の辛いところでもありますが、
今後の野球人生で、それを取り返すことはできます。

仮にカープとソフトバンクが激突することになったら、
柳田選手の不在は、とても辛いですし、
彼の野球人生に、全盛期のカープを打ちのめす歴史が消えるのは痛いことです。

今は柳田選手の容態の回復を祈るしかないですが、
ソフトバンク日本一に向けて、新人の明るいニュースも増えています。

選手層の厚いソフトバンクにあって、
与え、柳田選手であっても油断はできません。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です