沢村栄治が戦争に行かなければいけない時代の野球

スポンサードリンク

沢村栄治が戦争に行かなければいけない時代の野球沢村栄治といえば戦争で命を落としてしまったことは有名。しかし、すでに当時からアメリカからも注目を浴びていた大投手である沢村栄治が、なぜ戦争なんかに行かなければいけなかったのか?

沢村栄治 戦争 画像

当時の日本はアメリカとの関係が悪化し、その徴兵の条件も厳しかったといえる。

また、当時の日本は野球選手に対する敬う気持ちというのは現代ほど強くなく、誰も沢村が兵役されたことに疑問を持たなかった。

しかし、現代の幸せな時代に生きる僕らからすれば、球界のエースを戦争に行かせるなんてありえないことで、その時代の残酷さから目を反らしたくなる。

スポンサードリンク



沢村栄治は戦争の手榴弾にて肩を痛めた

この話も野球が好きな人からすると虚しいエピソードである。

沢村栄治は度重なる兵役の中で、手榴弾を投げすぎて、肩を痛めていたのだ。そのおかげて彼はシーズンの成績も20代なかばにして落としずつ、その快投の全盛期は短いものとなった。

世界のホームランバッターを封じた選手の肩に、そんな無理を強いていただなんて、多くの野球ファンには理解が難しい時代である。

結果的に、沢村栄治は1944年の12月2日に輸送船の中で米軍の攻撃によって没した。実にもったいない生涯であった。

彼の命だけでなく、その素晴しい球の命までもが、戦争によって全て奪われてしまったのだ・・・・。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です