母を亡くしたばかりの田中健二朗が巨人打線相手に三者凡退。戦力外候補疑惑を吹き飛ばせ!

スポンサードリンク

母を亡くしたばかりの田中健二朗が巨人打線相手に三者凡退。戦力外候補疑惑を吹き飛ばせ!昨日ペナントレースが始まったばかりのセントラルリーグ。
横浜は巨人と東京ドームで交えた。

結果は、序盤に得点を許した横浜の惨敗。

しかし、負けた横浜に明るいニュースがある。

それは、先発の久保が交代した後に登場した、
プロ6年目の田中健二朗だ。

田中健二朗母

田中健二朗は巨人の長野、阿部、村田を三者凡退に打ち取った。
巨人のクリーンナップ相手に堂々たるピッチングで痺れた。

得意の縦カープのクオリティが例年とは比較にならないほど優れていた。

個人的にはそのまま最終回まで投げて欲しかったが、
次の回に打順が田中のところで代打に後藤が出された。

いやー、もっと田中健二朗のピッチングが見たかった〜!!

特に最後の村田相手の見逃し三振は爽快だったな。

スポンサードリンク



この田中健二朗といえば、
今年の2月28日に母を47歳の若さでの心筋梗塞で亡くしていた。
自分は高校生の頃から田中投手を見ており、すごい感情的になって応援していた。

田中健二朗 横浜

春の甲子園で優勝したのが8年前の2007年。
夏の甲子園ではベスト4まで駆け上り、
常葉菊川のエースとして、甲子園のヒーローであった。

そんな田中がプロに入ってからなかなか名前も聞かず、
ちょっと寂しい気持ちで見ていた。

天国の母に心配かけたくないのか、
昨日の田中は、甲子園の頃のような臨場感が出ていた。

あれだけの気迫、なぜ今まで封印していたんだ?

今年こそは中継ぎのエースでも、先発でも、
なんでも良いから活躍して、
名選手に育って欲しい。

もう25歳ということで、
活躍できなければ最悪のパターンもありえる。
今年こそはしっかりと開花して・・・。

今年は特に田中健二朗から目が離せない。
今日の巨人戦にも登板するのかな?


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です