土屋愉菜投手(長泉中)の女子エースとしての進路(高校)。過去の女子球児(可愛い画像)

スポンサードリンク

土屋愉菜投手(長泉中)の女子エースとしての進路(高校)。過去の女子球児(可愛い画像)最近では甲子園にて、
女子マネージャーが練習に参加し、
それを高野連に注意されたのちに、
世間でも問題になり、結局は参加をOKにしたという・・。

何かと女子と甲子園の話題は、
世間の注目を集めますが、
それはマネージャーだけでなく、
選手としても同じようです。

今日、静岡県の中学選抜大会にて、
準々決勝に登場した長泉中学のエースが、
女子投手であったことで話題になりました。

長泉中学のエース・土屋愉菜投手は、
熱海中相手に無失点に抑え、
チームをベスト4に導きました。

シニアやリトルで、
女子が混じるのは聞きますが、
中学の選抜大会の順々決勝で、
主力として活躍する事例はなかなか聞きません。

土屋愉菜投手というのは、
どんな選手なのでしょうか?

土屋愉菜投手(長泉中)の女子エースの自覚と進路(高校)

来月の3月4日にて、
静岡大会の準決勝が行われ、
おそらく土屋愉菜投手目当てのファンも駆けつけることでしょう。

女子エース土屋愉菜投手(2年)を擁する長泉中が、1-0で熱海中を下し、4強入りを決めた。土屋は女子エースでは大会初の完封勝利を飾った。準決勝は3月4日、島田球場で開催される。引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-01784874-nksports-base

奇しくも、準決勝の前日の3月3日はひな祭りです。
土屋愉菜さんも、普通の女の子のようにお人形を出すのでしょうか?

この日の準々決勝の相手の熱海中は、
過去に敗北したことがあったようで、
キャッチャーの進士選手と共に研究を重ねたそうです。

進士は前日25日、熱海中と対戦決まると、母が録画した熱海中との練習試合の映像を約2時間分析した。選手の特徴などをメモ帳2枚にびっしりと記し、試合中もベンチ内で確認した。「負けて悔いを残したくなかった」と進士。大会史上初となる女子エース完封の大きな力になった。引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-01784874-nksports-base

おそらく準決勝の前日のひな祭りも、
チームメイトと対戦相手のデータを見ているのかも?

しかし、ただ泥臭くやるだけでなく、
しっかりと情報を持って戦う女子中学生というのも、
何か時代も変わってきたなと・・・。

ちなみに土屋愉菜投手の最速MAXは107キロで、
「神スイング」で人気なった稲村亜美さんと同等かそれ以上の球速を誇ります。

変化球とストレートの緩急もうまく、
コントロールも優れているということで、
この準決勝まで勝ち上がれたのでしょう。

仮にこのまま優勝投手になんてなったら、
全国の強豪高の監督が「もったいない」と泣きそうです。
(女子が甲子園に出れるなら絶対に欲しいでしょう)

スポンサードリンク



土屋愉菜投手(長泉中)の進路と過去の女子球児

やはり野球をやる全ての者は、
甲子園が夢舞台となっていることでしょう。

女子野球というものが存在しながらも、
そこで野球をせずに、強豪校のマネージャーとして、
甲子園の夢を追う選択をする女子球児も多いです。

土屋愉菜投手は小学生の頃から、
男の子に負けない気持ちで野球をしてきており、
この中学の大会が終わって、高校への進学を選ぶとき、
女子野球の強豪で野球をするのか、男子の強豪でマネをするのか、
厳しい選択に迫まれることでしょう。

土屋の父で知徳野球部部長の昇彦氏(49)は言った。「娘が『今日、女の子だからって言われた』と言って悔しそうにしていたことが何度かある」。土屋は小1で野球を始めてから、女の子扱いされたくない思いを強く持っているという。引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-01784874-nksports-base

女子の強豪で選択するとしたら、
神村学園などが温厚だと思いますが、

野球の強豪でマネをするならば、
地元・静岡の、静高や常葉や選択は多いです。

将来的には女子プロ野球選手になって欲しいですが、
仮に土屋愉菜投手が進路で女子マネを選択した場合、
そのプロ野球選手の夢は断たれるのでしょうか?

実は、過去に女子マネージャーから、
女子プロ野球選手になった選手もいるのです。

それは平塚工科でマネージャーをしていた、
十二真緒さんが、トライアウトからプロテストに受かった事例です。

彼女は普段の練習で、
男子に混じってノックを受けていたことから、
他の女子野球のスター選手に劣らないスキルを磨いていたのです。

彼女の場合は、環境に恵まれてただけかもしれませんが、
土屋愉菜さんにも、そのような選択があってもいいのかな?と。

もちろん、普通に女子野球の強豪に行くのも良いですが。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です