タイカッブの半生を描いた映画「タイ・カップ」

スポンサードリンク

タイカッブの半生を描いた映画「タイ・カップ」日本でも一般的に認知度の高いタイカッブだが、実は名前をカッブではなくカップと認識されてしまっている風潮がある。その原因には過去に公開された映画「タイ・カップ」の影響があった。

タイカッブ 映画 画像

この映画は1994年にアメリカで公開されたタイカッブの伝記映画。

ヒットこそはしなかったものの、野球ファンからは評価の高い作品であった。

トミー・リー・ジョーンズがタイカッブを熱演しており、

まるでカッブ本人のようなそっくりぶりに、多くの人が驚愕した。

スポンサードリンク



映画「タイカップ」の中でのタイカッブ

物語の進行はスポーツ記者の男性がタイカップの伝記を書こうとするところから始まる。

そして、その記者が直接タイとのコンタクトに成功し、本人から少しずつ過去の話を聞いていくという展開。

無愛想で横柄なタイの性格がモロに出ていて、映画の中で記者はタイに銃で脅されながら取材するハメになる。

しかし、彼の話を聞いていくうちに、打ち解けていく。タイの本当の人格は素晴しいものだと、誰もが信じれる映画。

ちなみにこの映画の日本向けのタイトルが、タイ・カッブの名前と微妙に違う、「タイ・カップ」なため、ほとんどの日本人がタイカッブのことをタイカップとインプットしてしまった。

タイカッブに関する映画はたくさんあるので、

本当に好きな人はたくさん鑑賞すると楽しめそうですね!


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です