ベーブルースの二刀流としての能力は?

スポンサードリンク

ベーブルースの二刀流としての能力は?かつて二刀流として活躍していたことで有名なベーブルースだが、その成績は投打共にリーグトップクラスであった。特にバッティングに関しては誰も疑う余地なく素晴しいものだと確信してるが、ピッチングのほうがいかがなものなのか?今回簡単に考えてみる。

ベーブルース 二刀流 投手

現在、日本では大谷翔平が二刀流プレーヤーとして活躍していて話題になっているが、やはりベーブルースほどの活躍は見込めない。

まだ若い大谷なので、投手としても打者としてもこれからなので、ハッキリと答えは出せないが、ベーブルースを超えることはありえないだろうと断言できる。

特にベーブルースは投手として23勝あげたシーズンがあったりして、その実力は若くしてメジャーのトップであった。打者としての成績は言うまでもない・・・。

スポンサードリンク



二刀流の投手としてのベーブルースの能力

ベーブルースの時代でも20勝するのはとても難しく、彼はそれを2回も達成している。連日、打者としても試合に出場していたため、彼が投手の専念できたシーズンは僅かである。

元祖二刀流として文句の言いようのない数字を残しているベーブルースだが、コントロールには難があったといえる。さらに性格が熱く、すぐにチームメイトや審判と問題を起してしまうため、投球が感情的すぎて崩壊してしまう場面も多かったという。

体調管理が苦手な部分も災いして、終盤にバテ気味になる場面も多く、中継ぎに良い投手が少なかったレッドソックス的には、ベーブルースのスタミナ不足はずっと課題であった。

なんたかんだで投手に専念することで野球人生を大きく変えた選手と考えて良い。ベーブルースは二刀流の前駆者である前に、野手転向の先駆者でもあるのだ。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 名無しの太郎さん より:

    「ベーブルースを超えることはありえないだろうと断言できる」

    その大谷は2015年最多勝
    2016年本塁打22本&防御率1.89(あと3イニングで規定到達)しちゃいましたね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です